ぼんぼりをイメージ、巡り灯籠を製作体験―伊東市商連

伊東版 2019年02月18日

三枝さん(左から2人目)の助言を受け灯籠作りを行う専門学校生=キネマ通りの「ぬくもーる」
三枝さん(左から2人目)の助言を受け灯籠作りを行う専門学校生=キネマ通りの「ぬくもーる」

 伊東市商店街連盟(市川正樹会長)は17日、キネマ通りの伊東アンテナショップ・ぬくもーるで「伊東の巡り灯籠製作ワークショップ」を開いた。同市の三枝文子さん(三枝飾工房)が指導し、女性や家族連れがオリジナルの巡り灯籠作りを楽しんだ。

 松川灯籠流しで知られる灯籠に、三枝さんが“伊東らしい”デザインを施して現代風にアレンジしたのが伊東の巡り灯籠。三枝さんによると、今回は雛(ひな)まつりのぼんぼりをイメージし、カラーフィルムや和紙を使って独自にデザインし、透明感のあるボックスに入れるという。

 川崎市から1泊2日の卒業旅行で伊東を訪れたという女子の専門学校生3人も、三枝さんの助言を受けながら巡り灯籠作りに挑戦した。談笑しながら手を動かし、「楽しい」と感想を語った。

 キネマ通り・中央通り商店街、伊東温泉観光・文化施設東海館、仏現寺をメイン会場に、22日から始まる雛の祭典「伊東MAGARI(まがり)雛」(3月3日まで)のPRも兼ねた取り組み。ワークショップで製作した巡り灯籠は祭典の期間中、同通りと中央通りの交差点付近にある空きスペースに展示する。

 【写説】三枝さん(左から2人目)の助言を受け灯籠作りを行う専門学校生=伊東市のキネマ通りの「ぬくもーる」

各地の最新の写真
伊東
伊東は高島礼子さんら 連続ドラマ「料理人ワタナベ」ゲスト発表
下田
現職と新人各7陣営、1超、少数激戦か 下田市議選予定者説明会
中伊豆
「地酒で乾杯条例」可決 最終本会議終了後にデモ―伊豆市議会
熱海
のぼり旗で静岡DCPR 機運盛り上げへ熱海市

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)