伊東のサバ使用「いとうナゲット」 シンガポールで販売

伊東版 2019年02月01日

シンガポールで行った「いとうナゲット」の販売プロモーション(東平商会提供)
シンガポールで行った「いとうナゲット」の販売プロモーション(東平商会提供)

 食品卸の東平商会(長泉町下土狩、山本雅弘社長)が取り扱う伊東市のサバのすり身を使った商品「いとうナゲット」が、シンガポールで販売されている。同社は「伊東市のサバを世界に広める手伝いができればうれしい」と話している。

 同社は昨年1年間に現地を4回訪れ、展示会や商談会を通じて販路開拓に取り組んだ。その結果、現地企業と売買契約を結ぶことに成功。現地企業が、取引のあるスーパーなどにいとうナゲットを販売することになった。

 いとうナゲットのPR活動の一環として同社はこのほど、現地の飲食店で販売プロモーションを行った。シンガポールの人たちの反応は上々だったという。

 同社伊東営業所の伊東健介さんは「いとうナゲットで海外進出を果たせたのは、伊東で水揚げされたサバの持つ力のおかげ。伊東のサバは世界に通用する大衆魚だと誇りに思っていいのではないか」と語った。

 【写説】シンガポールで行った「いとうナゲット」の販売プロモーション(東平商会提供)

各地の最新の写真
伊東
屋内施設全て好調 経済連絡会1~3月景況
下田
新人6人世代交代進む 課題は女性2期連続ゼロ―下田市議選
中伊豆
三島市議選・函南町議選振り返って 首長・県議選の影響色濃く 
熱海
在日横浜総領事館、熱海市に韓国の壺寄贈 李総領事が申し入れ

最新写真特集