全国サミットに出場 2年ぶり3回目―伊東高写真部

伊東版 2019年01月19日

トップアイ全国高校生写真サミットに出場する伊東高写真部の(左から)四之宮君、前田君、鶴田さん=伊東高
トップアイ全国高校生写真サミットに出場する伊東高写真部の(左から)四之宮君、前田君、鶴田さん=伊東高

 ■「先輩に良い報告を」

 県立伊東高写真部は2月1~3日に横浜市で開かれる「トップアイ全国高校生写真サミット2019」(ニコン・イメージング・ジャパン主催)に2年ぶり3回目の出場を果たした。同社主催のコンテスト3回の累計得点で上位に入り、出場を決めた。部長の前田隆成君(2年、対島中出)は「プロの写真家に賞をもらい、帰って来て自慢できるよう頑張りたい」と抱負を語った。

 テーマに沿って横浜市内の写真を撮り、プレゼンテーションで賞を決める。3人一組で1団体3枚、個人で1枚ずつ提出する。同校からは前田君の他、副部長の鶴田弥弓さん(2年、多賀中出)四之宮豪君(同、泉中出)が出場する。

 出場を決めた3回のコンテストでは水族館のイルカショーや花火をカメラに向ける人の写真などで累計120ポイント取り、8位だった。3人は「出場が決まって驚いた。先輩たちにいい報告をしたい」と話し、「いつもは抽象的な被写体を撮ってきたので人の顔を撮りたい」と大会への思いを語った。

 【写説】トップアイ全国高校生写真サミットに出場する伊東高写真部の(左から)四之宮君、前田君、鶴田さん=伊東高

各地の最新の写真
伊東
紅白梅、青空とマッチ 松川湖畔の200本見頃―伊東
下田
日本タイ雛壇飾り開幕 来月10日まで素盞鳴神社―東伊豆稲取
中伊豆
遊歩道、展望デッキ完成 鉢窪山の整備進む―湯ケ島地域協
熱海
ラジオで福祉など語る 番組最終回、公開で収録―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)