気持ち新たに3学期 全小中で始業式―伊東

伊東版 2019年01月08日

自信作の書き初めを見せる児童たち=八幡野小
自信作の書き初めを見せる児童たち=八幡野小

 ■八幡野小 自信作の書き初め提出

 伊東市の全市立小中学校で7日、始業式が開かれた。子どもたちは元気に登校すると年末年始の楽しかった思い出を話し、気持ちを新たに新年のスタートを切った。

 八幡野小(渡辺久士校長、児童327人)は校長の話、代表児童の抱負、校歌斉唱を行った。渡辺校長は「去年講演に来てくれた卓球指導者の平野真理子さんが『勝ちの反対はチャレンジしないこと』とテレビで言っていた。みんなも今年、できなかったことにチャレンジしてほしい」と呼び掛けた。代表児童の鈴木美遥さんは「何事も一生懸命取り組みたい」、鈴木裕介君は「立派な6年生として堂々と卒業したい」とそれぞれ抱負を述べた。

 式後、大掃除や学級活動をした。児童たちは自信作の書き初めを見せ合い、その他の課題とともに提出した。

 【写説】自信作の書き初めを見せる児童たち=伊東市の八幡野小

各地の最新の写真
伊東
前伊東市長に実刑判決 懲役2年、追徴金1300万円
下田
45年の児童・生徒数3分の1に 賀茂広域連携会議
中伊豆
親子で活動成果披露 生涯学習ジュニアフェス―伊豆の国
熱海
新たに重文、登録有形文化財ー熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)