歌に合わせリズム良く 小学生33人が七草がゆ作りー伊東市教委

伊東版 2019年01月05日

歌に合わせ、採ってきた七草を刻む小学生たち=音無町の生涯学習センター中央会館
歌に合わせ、採ってきた七草を刻む小学生たち=音無町の生涯学習センター中央会館

 伊東市教育委員会は4日、本年度の「小学生ふるさと教室」の講座で七草がゆ作りを音無町の生涯学習センター中央会館で開いた。環境カウンセラーの山口康裕さんが講師を務め、小学5、6年生33人が伝統を学ぶとともに、七草がゆを楽しんだ。

 山口さんは春の七草の種類や五節句を教え、「平安時代から続く伝統行事」などと語った。話を聞いた後、班ごと屋外で七草を探し、ナズナ、オギョウ、ハコベラ、ホトケノザの4種類を持ち帰った。持ち帰った七草は「七草がゆの歌」に合わせ、「ストトントン」と包丁でリズム良く刻んだ。

 刻んだ後、子どもたちは温かい七草がゆを漬物と共に味わった。清水真帆さん(東小6年)は「散策ではオギョウが多く見つかった。薄味でおいしい」と笑顔を見せた。

 【写説】歌に合わせ、採ってきた七草を刻む小学生たち=伊東市音無町の生涯学習センター中央会館

各地の最新の写真
伊東
前伊東市長に実刑判決 懲役2年、追徴金1300万円
下田
45年の児童・生徒数3分の1に 賀茂広域連携会議
中伊豆
親子で活動成果披露 生涯学習ジュニアフェス―伊豆の国
熱海
新たに重文、登録有形文化財ー熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)