30キロ超カンパチも 伊東魚市場、威勢良く「初競り」

伊東版 2019年01月05日

30キロを超えるカンパチも並んだ2019年の初競り=伊東市新井の伊東魚市場
30キロを超えるカンパチも並んだ2019年の初競り=伊東市新井の伊東魚市場

 伊東市新井の伊東魚市場で4日朝、2019年の初競りが行われ、競り人の威勢の良い掛け声が場内に響いた。市場を運営するいとう漁協によると、初日の水揚げ量は一昨年を下回った昨年と同程度の約6トンにとどまった。ただ、重さ30キロを超すカンパチや高級魚のアカヤガラ、クロムツなどが並び、仲買人の目を引いた。

 ほかに水揚げされたのは、サンマ、ソウダガツオ、カマス、イサキ、ナマコ、サザエなど。競りは午前7時半すぎから始まり、競り人の掛け声とともに次々と落札された。

 初競り前にあいさつした高田充朗組合長は、昨年の台風による伊東港の被害などにも触れながら「ここ数年は歴史的な不漁が続き、昨年の水揚げは危機的な状況」と述べ、市場関係者に厳しい現状を説明した。市場の改修計画を断念したことも報告した。

 【写説】30キロを超えるカンパチも並んだ2019年の初競り=伊東市新井の伊東魚市場

各地の最新の写真
伊東
前伊東市長に実刑判決 懲役2年、追徴金1300万円
下田
45年の児童・生徒数3分の1に 賀茂広域連携会議
中伊豆
親子で活動成果披露 生涯学習ジュニアフェス―伊豆の国
熱海
新たに重文、登録有形文化財ー熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)