伊東盛り上げへ 来月17日に初舞台―和楽器演奏武道など愛好者

伊東版 2019年01月04日

本番を演じる舞台で、熱のこもった練習に励むメンバー=桜木町のひぐらし会館
本番を演じる舞台で、熱のこもった練習に励むメンバー=桜木町のひぐらし会館

 伊東市内の和楽器演奏、民謡、武道などの愛好者でつくる「伊東を元気にする有志の会」(杉山秀峰会主)は2月17日午後0時半から、桜木町のひぐらし会館ホールで初めての発表会を開く。メンバーは初舞台を前に、練習に熱が入っている。

 イベントの少ない時期に、多彩な演奏や演技を披露し、観光地伊東を盛り上げようと企画した。

 出演は、津軽三味線、民謡、和太鼓、日本舞踊、空手といった活動に取り組む市民約30人。「伊東そうずら節」をはじめ、「淡海節」「秋田小原節」「無法松の一生」「津軽の響き」など18演目を披露する。

 会主の杉山さんは「出演者の皆さんには1年前から声を掛け、賛同してもらった。地域活性化に役立てばうれしい」と、初めての発表会へ目を輝かせている。

 【写説】本番を演じる舞台で、熱のこもった練習に励むメンバー=伊東市桜木町のひぐらし会館

各地の最新の写真
伊東
前伊東市長に実刑判決 懲役2年、追徴金1300万円
下田
45年の児童・生徒数3分の1に 賀茂広域連携会議
中伊豆
親子で活動成果披露 生涯学習ジュニアフェス―伊豆の国
熱海
新たに重文、登録有形文化財ー熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)