“60歳過ぎ”の絵画展 「ハーモニーおくの」で2団体―伊東

伊東版 2018年11月07日

作品を眺めて談笑する出展者と入居者ら=伊東市のハーモニーおくの
作品を眺めて談笑する出展者と入居者ら=伊東市のハーモニーおくの

 伊東市荻のケアハウス・ハーモニーおくの(武田裕美施設長、入居者28人)のギャラリーで29日まで、いでゆ大学OB会水彩画の会と同施設の文化サークル「われもこうの会」の合同展が開かれている。

 水彩画の会会員5人とわれもこうの会会員9人が出展した。人物や風景などを題材にした水彩画、刺しゅう、写真、切り絵、陶芸、塗り絵などの作品が並んだ。

 水彩画の会の花房義明会長は「60歳過ぎに本格的に絵を習い始めた人の作品ばかりなので、入居者の皆さんも親しみやすいと思う。ぜひ多くの人に見に来てほしい」と話した。

 開催時間は午前9時~午後5時(日曜日は休み)。

 【写説】作品を眺めて談笑する出展者と入居者ら=伊東市のハーモニーおくの

各地の最新の写真
伊東
生産者と会話し味わう 地産地消推進へ給食感謝祭ー伊東・池小
下田
あす「桜キッチン」オープンリニューアルし再開―河津町観光協
中伊豆
反射炉展望台にベンチ 韮山中3年生が製作、設置
熱海
姫の沢公園、紅葉進む 広場のケヤキ、モミジなど―熱海

最新写真特集