きょう立冬 木々色づく―伊東・松川湖

伊東版 2018年11月07日

徐々に色づき始めた木々=松川湖
徐々に色づき始めた木々=松川湖

 7日は二十四節気の一つ「立冬」。暦の上では冬の始まりとされる。伊東市内も朝晩の気温が低くなり、厚手のコートを着て通勤や通学する人の姿も多く見られるようになった。

 鎌田の松川湖では、イチョウや紅葉などの木々が徐々に色づき始めた。湖畔には落ち葉のじゅうたんを踏みしめながら、散策を楽しむ人たちもいた。腰のリハビリを兼ねて散歩に来たという川奈に住む山口真喜歩さん(11)は「景色を見ると葉っぱの色がだんだん変わってきていて、冬を感じる」とほほ笑んだ。

 【写説】徐々に色づき始めた木々=伊東市の松川湖

各地の最新の写真
伊東
小学校統合答申案を大筋了承 伊東市教育問題懇話会
下田
「ジオと地域産物、密接」 賀茂資源活用促進連―産業振興など情報交換
中伊豆
性フェロモンの多様性の仕組み発見 三島の国立遺伝学研チーム
熱海
梅園隣接地にホテル計画 中国系資本、鉄筋4階建て―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)