点訳者養成に意欲 県知事表彰、伊東点字サークル

伊東版 2018年11月06日

受賞を喜ぶ点字サークルのメンバー
受賞を喜ぶ点字サークルのメンバー

 ■長年の活動評価「感激」

 本年度の県知事表彰で、地域活動ボランティア等善行功労団体として、伊東市の点訳ボランティア「伊東点字サークル」(船川千津子代表)が受賞した。継続的に取り組んでいる視覚障害者に必要な行政情報や書籍の点訳活動が認められた。船川代表は「長年の継続が実を結んだ、感激している」とにこやかに話した。

 国際障害者年の1981年から市健康福祉課の点字講習会がスタート。講習会が元になり、翌年から同サークルの活動が始まった。現在は約15人で活動している。2004年の点字印刷機導入をきっかけに、広報伊東や観光施設パンフレット、旅館案内、伊東の民話の点訳に尽力した。船川代表は「感謝の声を聞くこと、役に立てるのがうれしい」とし、「やることはたくさんある。点訳をしている、ではなく、点訳者の養成をしていけるようなグループにしていきたい」と今後の活動について語った。

 表彰式は11月3日、県庁西館4階第1会議室で開かれた。

 【写説】受賞を喜ぶ伊東点字サークルのメンバー

各地の最新の写真
伊東
生産者と会話し味わう 地産地消推進へ給食感謝祭ー伊東・池小
下田
あす「桜キッチン」オープンリニューアルし再開―河津町観光協
中伊豆
反射炉展望台にベンチ 韮山中3年生が製作、設置
熱海
姫の沢公園、紅葉進む 広場のケヤキ、モミジなど―熱海

最新写真特集