伊東高 トレーニング機器導入―富士水泳場から譲り受け

伊東版 2018年11月04日

新たに導入されたトレーニング機器=伊東高
新たに導入されたトレーニング機器=伊東高

 県立伊東高(成田優校長)はこのほど、生徒の体力、競技力の向上と教職員の健康保持、促進のため、体育館1階の武道場にトレーニング機器を導入した。久しぶりの更新に成田校長は「かなりいい設備が入った。科学的なトレーニングを積んで、競技力向上につなげたい」と話した。

 同校のトレーニング設備は20年以上前の物しかなく、多くは古くさびていて使えなくなっていたという。今回設置した機器は、県立富士水泳場が設備入れ替えに伴い、受け入れ施設を募集、同校が名乗りを上げて譲り受けた。

 大胸筋、広背筋、大腿(だいたい)四頭筋などを鍛える機器8種と2~9キロのダンベルで、新たに買えば合計300万円以上するという。

 野球部2年の冨士健太郎君は「自分の力を高めるよう活用したい」と話した。

 今後は体育科教諭が利用規定を作り、部活動などで活用するという。

 【写説】新たに導入されたトレーニング機器=伊東高

各地の最新の写真
伊東
生産者と会話し味わう 地産地消推進へ給食感謝祭ー伊東・池小
下田
あす「桜キッチン」オープンリニューアルし再開―河津町観光協
中伊豆
反射炉展望台にベンチ 韮山中3年生が製作、設置
熱海
姫の沢公園、紅葉進む 広場のケヤキ、モミジなど―熱海

最新写真特集