伊東舞台のアニメ「あまんちゅ!」 2年連続「日本の聖地」に

伊東版 2018年10月31日

市がタイアップ制作した東海館を背に松川遊歩道を歩く主人公らのオリジナル画像
市がタイアップ制作した東海館を背に松川遊歩道を歩く主人公らのオリジナル画像

 アニメツーリズム協会が29日に発表した「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2019年版」に、伊東市を舞台にしたアニメ「あまんちゅ!」が前回に続いて選ばれた。沼津市の「ラブライブ!サンシャイン!!」も2年連続の選出。伊東市観光課は「アニメを通じて伊東市を知ってもらえるのはありがたい。インバウンドも含めて、誘客のコンテンツとして使っていきたい」と話した。

 「あまんちゅ!」(天野こずえさん作)は、伊東市を舞台にダイビングに熱中する女子高校生を描いたアニメ。一昨年と今年、テレビアニメとしてSBSなどで放映された。市は「あまんちゅ!」とコラボしたオリジナルの婚姻届も製作し、伊東の魅力を発信する取り組みも行っている。

 同協会は昨年初めて、全世界のファンからの投票に基づき、18年版の日本のアニメ聖地88を選定した。今年も6~8月に投票を実施した。投票比率は18年版が海外60%、国内40%だったが、19年版は海外75%、国内25%と、海外の比率が高まった。海外の投票者数は台湾がトップで、2位は中国、3位は香港だった。

 【写説】伊東市がタイアップ制作した東海館を背に松川遊歩道を歩く主人公らのオリジナル画像

各地の最新の写真
伊東
生産者と会話し味わう 地産地消推進へ給食感謝祭ー伊東・池小
下田
あす「桜キッチン」オープンリニューアルし再開―河津町観光協
中伊豆
反射炉展望台にベンチ 韮山中3年生が製作、設置
熱海
姫の沢公園、紅葉進む 広場のケヤキ、モミジなど―熱海

最新写真特集