JAキウイ レインボーレッド初出荷―甘み、酸味とも上々

伊東版 2018年10月12日

レインボーレッドを大きさごとに分けてパックに詰める女性職員=伊東市岡の伊東共選場
レインボーレッドを大きさごとに分けてパックに詰める女性職員=伊東市岡の伊東共選場
種の周囲が赤みを帯びたのが特徴の「レインボーレッド」
種の周囲が赤みを帯びたのが特徴の「レインボーレッド」

 ■初日400キロパック詰め

 JAあいら伊豆は11日、種の周囲が赤みを帯びているのが特徴のキウイフルーツ「レインボーレッド」を今季初出荷した。直営のファーマーズマーケット・いで湯っこ市場(伊東市玖須美元和田)で12日、1パック500円(4~6個入り)で売り出す。初日は同市岡の伊東共選場で、約400キロのレインボーレッドを女性職員らが大きさごとに分け、パックに詰める作業に追われた。

 職員によると、レインボーレッドの生産農家は伊東市内の6軒で、甘み、酸味ともあり出来は上々。出荷は11月上旬まで続き、出荷量は昨年よりやや少ない3トンを見込んでいる。来週は伊東、三島、沼津、小田原の青果市場に出荷するという。

 同JAのキウイは、2013年から4年連続で県キウイフルーツ果実品評会で金賞(県知事賞)を受賞している。いで湯っこ市場は13、14の両日にキウイ祭りを開き、レインボーレッドを1パック480円の特価で販売する。

 【写説】レインボーレッドを大きさごとに分けてパックに詰める女性職員=伊東市岡の伊東共選場

 【写説】種の周囲が赤みを帯びたのが特徴の「レインボーレッド」=伊東

各地の最新の写真
伊東
感電の危険性など確認 東電伊東支社、消防などが訓練
下田
「唐人お吉を作った男たち」 幕末お吉研が22日、出版―下田
中伊豆
大しめ縄、仕上げ 出入職人ら「心込め、太めに」―三嶋大社
熱海
キバナアマが黄色い花 熱海梅園で見頃

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)