芸妓姿、あでやかに 「お座敷大」体験者ら闊歩―伊東

伊東版 2018年10月01日

昭和の雰囲気が漂う東海館前を歩く着物姿の女性たち=東松原町
昭和の雰囲気が漂う東海館前を歩く着物姿の女性たち=東松原町

 ■温泉情緒漂う「東海館」前

 伊東市中心部を流れる伊東大川(松川)のいで湯橋−大川橋間は、昭和初期の温泉情緒が漂う伊東温泉観光・文化施設「東海館」があり、松川遊歩道には柳の木が植えられ、伊東温泉の「和文化」の象徴とされる場所だ。9月下旬からは同館で恒例の「秋季お座敷文化大学」(市、伊東観光協会主催、同大運営委員会主管)がスタートし、観光客らが芸者姿で同館周辺や遊歩道沿いをあでやかに歩く姿が目を引く。

 お座敷文化大学は1999年から始まり、「日本の粋を学ぶ」をテーマに春と秋の年2回開講する。芸者いき粋体験学部は女性限定で、入門課程「芸者姿体験コース」と専門課程「お座敷お稽古1泊2日コース」がある。人気の芸者姿体験コースは受講料1万2800円。着物の着付けやメーク、写真撮影などを行う。お座敷お稽古は1万8800円。受講料は衣装レンタル代、かつら使用料、メーク代、記念写真代、東海館入浴料、茶・菓子代などを含む。

 このほか、お座敷遊戯学部のお座敷芸習得学科、お座敷芸宴会学科、都々逸体験教室、男性限定の粋な着物体験学部の男性着物姿体験学科もある。

 開講は毎週金・土・日曜日で、秋季は12月第2日曜日まで。申し込みは体験日前日まで受け付ける。問い合わせは伊東観光協会〈電0557(37)6105〉へ。

 【写説】昭和の雰囲気が漂う東海館前を歩く着物姿の女性たち=伊東市東松原町

各地の最新の写真
伊東
感電の危険性など確認 東電伊東支社、消防などが訓練
下田
「唐人お吉を作った男たち」 幕末お吉研が22日、出版―下田
中伊豆
大しめ縄、仕上げ 出入職人ら「心込め、太めに」―三嶋大社
熱海
キバナアマが黄色い花 熱海梅園で見頃

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)