伊東の田んぼや名所など撮影 農村カメラガールズ

伊東版 2018年10月01日

収穫前の稲穂を撮影する農村カメラガールズの3人=池
収穫前の稲穂を撮影する農村カメラガールズの3人=池

 ■インスタで魅力紹介

 伊東市の伊豆高原農泊推進協議会(杉山健一会長)はこのほど、農林水産省と連携し農村の魅力を広く紹介する全国的な写真サークル「農村カメラガールズ」(事務局=東京都、約6千人)を受け入れ、米の収穫期を迎えている池地区の田んぼや観光名所など市内各所を案内した。

 訪れたカメラガールズのメンバーは県外に住む20、30代の3人。いずれも地方創生や農泊に興味があり、写真を趣味にしている。一行は伊豆高原のペンションに宿泊。1泊2日の日程で、池の田んぼ、大室山、城ケ崎海岸、工芸やそば打ち体験施設などを巡った。

 茨城県に住む平塚藍さん(23)は「伊豆高原にはこれまでにも来たが、改めて自然の素晴らしさや人の温かさを再認識できた。ペンションのもてなしもとても良かった」と話した。3人が撮影した写真は近日中に写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿される。

 【写説】収穫前の稲穂を撮影する農村カメラガールズの3人=伊東市池

各地の最新の写真
伊東
お父さんと「よいしょ」 聖母幼で餅つき―伊東
下田
「夢を持ったら紙に」 高橋さん母校で講演―東伊豆・熱川中
中伊豆
サイクルマップ作製 修善寺駅前「いずベロ」―伊豆
熱海
多賀小生、昔の遊び体験 出口さんと「紙とんぼ」作り―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)