消防分団長ら招き規律、放水 伊東・旭小で防災学習

伊東版 2018年09月20日

規律訓練をする児童=旭小
規律訓練をする児童=旭小

 伊東市立旭小(石井晴彦校長)は19日、市消防分団長ら8人を招き、防災学習を行った。6年生39人は現場で働く人から消防団や地域の防災を学んだ。

 岡区の第5分団から古沢喜晴分団長ら4人、鎌田区の第6分団から梅原康寿分団長ら4人を招いた。講話を聞いた後、児童たちは放水時の水圧や市内の分団の数などを質問し、知識を深めた。

 グラウンドでは規律訓練と放水、乗車体験を行った。児童たちは防火服を身につけて放水体験をした。団員が支え、ノズルの調節方法などを教えた。児童たちは懸命にホースを持ち、教えられた方向に放水した。

 北村侑也君は「ホースはとても重くて消防団員はすごいと思った。(消防団の仕事は)大変なので火事は起こさないようにしたい」と話した。

 防災をテーマにした総合的な学習の一環。市内では2校目。

 【写説】規律訓練をする児童=伊東市の旭小

各地の最新の写真
伊東
感電の危険性など確認 東電伊東支社、消防などが訓練
下田
「唐人お吉を作った男たち」 幕末お吉研が22日、出版―下田
中伊豆
大しめ縄、仕上げ 出入職人ら「心込め、太めに」―三嶋大社
熱海
キバナアマが黄色い花 熱海梅園で見頃

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)