門野・宇佐美中の通学かばん リュック式導入前向き―伊東市教委

伊東版 2018年09月14日

 教科書や教材が重く小中学生の通学時の負担が増している問題で、伊東市教育委員会は13日、中学生の通学かばんについて現在手提げ式のみを採用している門野中と宇佐美中にも今後リュック式の導入を検討していく考えを示した。市議会9月定例会の一般質問で、青木敬博氏の質問に答えた。

 市教委によると市内中学校5校のうち、北中は16年度、対島中は18年度からリュック式と手提げ式のどちらかの通学かばんを選べるようになった。両中学校では多くの生徒がリュック式を選択しているという。南中は通学かばんを指定していない。

 高橋雄幸教育長は「リュック式のほうが3千円ほど価格が高くなり、保護者の負担は増える。今後、PTAの協力を得て保護者や生徒の意見を聞きながら、導入を前向きに検討していきたい」と述べた。

各地の最新の写真
伊東
いでゆ鎌田会は市民病院清掃 社会奉仕の日に合わせ伊東市老ク連
下田
息止め、潜水など3種目 フリーダイビング―下田大会に25人
中伊豆
沼響弦楽四重奏など鑑賞 三嶋暦の会演奏会に80人 
熱海
黄金色に輝くススキ 野山、道路沿いで穂開く―熱海市郊外

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)