オペラ、叙情歌など幅広く 伊豆ヴェルディ合唱団が演奏会―伊東

伊東版 2018年09月10日

管弦アンサンブルの演奏に合わせてハイドンのミサ曲を歌う団員たち=市観光会館
管弦アンサンブルの演奏に合わせてハイドンのミサ曲を歌う団員たち=市観光会館

 ■力強いハーモニー響く

 伊豆ヴェルディ記念合唱団(斉藤真知子代表)は8日、伊東市観光会館で第5回演奏会(伊豆新聞本社後援)を開いた。宗教曲からオペラ、日本の叙情歌、現代音楽まで幅広いジャンルの曲に挑戦する意欲的なステージを披露した。地元の弦楽アンサンブルとの競演も果たした。

 演奏会はハイドンの「小オルガンミサ曲」で幕を開けた。今回のために地元や伊豆ゆかりの演奏家が集まった「ハイドン・ミサアンサンブル」の演奏に合わせ、団員40人が美しく力強いハーモニーを会場いっぱいに響かせた。

 続いてオペラ「シンデレラは12時の鐘を聞かない」から、3曲を上演。英国の現代作曲家ジョン・ラターの作品を演奏した。演奏会の最後を「叱られて」「早春賦」「中国地方の子守歌」など日本の叙情歌で締めくくった。

 斉藤代表は「『何でも歌える合唱団』を目指した新たな挑戦の第一歩を踏み出せた。地元に根ざした合唱団として、ハイドン・ミサアンサンブルと一緒に演奏できたこともうれしかった。次の演奏会では、伊豆フィルハーモニー管弦楽団とモーツァルトのレクイエムに挑戦する」と話した。

 【写説】管弦アンサンブルの演奏に合わせてハイドンのミサ曲を歌う団員たち=市観光会館

各地の最新の写真
伊東
囲碁記念対局 青葉プロが14目勝ち―本社主催
下田
天城北道路の工事順調 伊豆半島道路研修会―下田
中伊豆
100円の“名物鍋”人気 伊豆長岡商工祭、福引抽選会に長い列
熱海
熱海・伊東―初島、舵握り四半世紀 遠藤船長が引退 

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)