中郷(三島) 創部24年で初優勝 オール伊豆少年野球―伊東

伊東版 2018年08月02日

初優勝を飾り喜びを爆発させる中郷ファイターズの選手たち=伊東市営かどの球場
初優勝を飾り喜びを爆発させる中郷ファイターズの選手たち=伊東市営かどの球場

 ■攻撃力で熱海下す

 本社主催の第42回オール伊豆少年野球学童部大会は1日、伊東市の市営かどの球場で準決勝、決勝を行い、中郷ファイターズ(三島市)が創部24年にして初優勝を飾った。本大会に7年ぶりに出場し、チーム一丸となって試合に集中、初戦と決勝戦以外は全てコールド勝ちする圧倒的な攻撃力で勝ち進んだ。決勝でも初優勝を狙う熱海少年野球クラブ(熱海市)を相手に、常に優位にゲームを展開。15―7で栄冠を手にした。3位はいずれも伊東市の伊東ジュニアと富戸ジュニアだった。

 中郷は初回、死球や安打で出塁。無死満塁から4番大木がランニング本塁打を放って4得点した。その後も打者一巡の猛攻を見せて3点を加え、7点を先行。三回にも1番富沢の適時打などで2点を挙げ、9点差とした。

 一方、熱海は四回、3番横川樹、5番望月がそれぞれ本塁打を放ち、2点を返して“反撃ののろし”を上げた。

 後半も圧倒的な攻撃力を見せつける中郷は五回、3番佐藤の適時二塁打などで4点、さらに六回にも3番佐藤の適時打などで2点を追加し、15―2と熱海を突き放した。

 六回に1点を返した熱海は最終回、敵失で1点、さらには7番渡辺の本塁打で3得点し、8点差まで追い上げる闘志を見せたが、チーム一丸で初優勝への強い執念を見せる中郷の堅い守りに阻まれ、力尽きた。

 中郷ファイターズ・渡辺勝監督 子どもたちの頑張りや集中力が結果につながりうれしい。普段から技術だけでなく、あいさつや気配り目配りを教えている。今回は5年生中心のチーム。レベルアップして来年もここに来ていい試合をしたい。

 熱海少年野球クラブ・金坂博文監督 初回に7点を取られたのが敗因。準優勝をいい経験にして今後の大会に臨みたい。準優勝は3回しているので来年こそ優勝したい。

 【写説】初優勝を飾り喜びを爆発させる中郷ファイターズの選手たち=伊東市営かどの球場

中郷ファイターズ

7020420―15

0002014―7

熱海少年野球クラブ

(中)上野―佐藤(熱)横川樹、川口、望月、横川樹―渥美▽本塁打=大木(中)横川樹、望月、渡辺(熱)▽三塁打=佐藤(中)▽二塁打=佐藤(中)山田(熱)▽審判=川村(球)横山、竹中、山口哲(塁)

【中郷ファイターズ】

打安点

(6) 富 沢 311

(7) 稲 葉 432

(2) 佐 藤 424

(3) 大 木 534

(1) 上 野 501

(5) 野 極 431

(9) 有 尾 200

(8) 長 崎 321

(4) 秋 津 200

  松田凌 100

  川 越 100

   計  341414

【熱海少年野球クラブ】

打安点

(5) 川 口 410

(6) 志方結 400

(1) 横川樹 321

(2) 渥 美 400

(8) 望 月 421

(4) 菅 生 400

(3) 渡 辺 413

(7) 柿 田 320

(9) 山 田 310

   計  3395

【中郷】320140

振球犠盗残併

【熱海】581540

各地の最新の写真
伊東
“玄関口”明るく、歓迎 市、伊東駅前に提灯240個
下田
有機農家指導で稲刈り 伊豆食材でバーベキュー―松崎稲作塾 
中伊豆
「かわいいウサギ形」 土肥こども園、「十三夜」で団子作り
熱海
神幸行列 勇ましく練る―今宮神社例大祭

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)