迷路手作り、親子40人遊ぶ―伊東図書館が文化講座

伊東版 2018年07月13日

迷路作りに励む参加者=音無町の生涯学習センター中央会館
迷路作りに励む参加者=音無町の生涯学習センター中央会館

 伊東市立図書館はこのほど、迷路作りをテーマにした文化講座を、音無町の生涯学習センター中央会館で開いた。市内の小学生と保護者約40人が、市社会教育指導員斎藤克子さんの手ほどきで制作し、完成したオリジナルの迷路で遊んだ。

 子どもたちは、ティッシュペーパーの空き箱を土台に、ストローを切って接着剤を付けて貼り、迷路の壁にした。コースは斎藤さんが考案したという。

 1人2種類の迷路を完成させ、それぞれ自作の迷路で遊び、ビー玉を使ってゴールを目指した。ストローの位置を変え、難度を上げる子どももいた。

 斎藤さんは「予定時間を超過するほど夢中になって楽しんでくれた。テレビゲームとは違う、アナログの頭脳ゲームに魅力があるのかも」と話した。

 【写説】迷路作りに励む参加者=伊東市音無町の生涯学習センター中央会館

各地の最新の写真
伊東
地域医療支援病院 県、市民病院を承認―熱海伊東圏域で初
下田
南崎こども園園児17人 十五夜団子作りー南伊豆
中伊豆
大仁小生がアユ友釣り 狩野川漁協が教室、川に親しむ―伊豆の国
熱海
支援へ手作り品販売 めぐみ会ボランティア―熱海

最新写真特集