“6人漂流”連携し救助 駿東伊豆消防、伊東で合同訓練

伊東版 2018年07月11日

要救助者を引き上げる参加者=新井外堤防
要救助者を引き上げる参加者=新井外堤防

 ■7機関48人が対応確認

 駿東伊豆消防本部伊東消防署(山田聖二署長)は本格的な海洋レジャーシーズンを前に10日、伊東市新井の外堤防沖で東伊豆、田方中消防署などと合同水難救助訓練を行った。7機関48人が連携し、水難事故発生時の対応を確認した。

 沖合でボートが転覆し、6人が海に漂流した想定で実施した。救助隊員が要救助者を発見すると合図を送り、参加団体の船で3人の救助に向かった。伊豆地区水難救済会伊東救難所の「いとう丸」、静岡地区水難救済会ICS救難所の「NEESEA」、下田海上保安部伊東マリンパトロールステーションの「ぽらりす」でそれぞれ1人を救助した。意識やけがの有無を確認し、状態に応じて担架やはしごを使った。残り3人は県消防防災航空隊のヘリコプターで釣り上げた。

 伊東消防署三枝正治副署長は「集まって情報共有し、迅速な行動ができた。水難事故は一分一秒を争うので迅速、的確な救助を目指したい」と話した。

 合同訓練は2回目。管内の水難事故は年約10件。

 【写説】要救助者を引き上げる参加者=伊東市新井外堤防

各地の最新の写真
伊東
久しぶりの青空 太公望、アユ釣り楽しむ―伊東市の松川
下田
長寿祝い各地で敬老会 17人集まりカラオケ大会―南伊豆
中伊豆
「狩野川台風 風化させない」 修善寺駅で60年写真展
熱海
躍動感ある舞、演奏 敬老祝賀会で伊東大田楽―熱海・中銀

最新写真特集