高校野球静岡大会 田方・三島4校、初戦を突破     

伊東版 2018年07月10日

清水東−伊東商 伊東商は五回裏、1番植松が二塁打を放つ=愛鷹球場
清水東−伊東商 伊東商は五回裏、1番植松が二塁打を放つ=愛鷹球場
沼津高専―熱海 熱海は二回、田中の中前打で二走の高橋が本塁を狙う=裾野球場
沼津高専―熱海 熱海は二回、田中の中前打で二走の高橋が本塁を狙う=裾野球場
島田―日大三島 日大三島は初回、蒔田の右犠飛で篠原が三塁から生還する=愛鷹球場
島田―日大三島 日大三島は初回、蒔田の右犠飛で篠原が三塁から生還する=愛鷹球場

 第100回全国高校野球選手権静岡大会は8日、1回戦が行われ、伊豆地区の7校が登場した。三島北、日大三島、伊豆中央、三島南の田方・三島勢4校は2回戦に進んだが、伊東商業、下田高南伊豆分校、熱海は初戦で涙をのんだ。

 ■伊東商 打線つながらず

【愛鷹球場第2試合】

清水東

1033021―10

0000000―0

伊東商

(七回コールド)

 伊東商業は得点圏まで走者を進めたが打線がつながらず、清水東に10―0でコールド負けを喫した。

 伊東商業は二回裏、5番岡沢が左前打を放ち、7番萩原が四球を選び2死一、二塁の好機をつくるも、三塁を踏めなかった。最終回も走者を出したが無得点で終わった。守備では、四回表に3点を奪われた後の2死満塁のピンチで、主戦萩原が三振を取り、この回追加点を阻んだ。五回表、代わった佐藤も三者凡退に抑えた。

 ■熱海 ペース握られ散る

【裾野球場第2試合】

沼津高専

313100―17

01010―2

熱 海

(五回コールド)

 熱海は沼津高専の機動力を生かした野球に序盤からペースを握られ、17−2でコールド負けを喫した。

 初回、熱海は主戦尾崎の制球が定まらず、四球や捕逸でピンチを広げてしまい、3点を先制された。四回には継投した石橋、真野がつかまり10点を失った。

 打線は二回、3人が四球で出塁すると、2死満塁の好機に9番田中が中前適時打を放ち1点を返した。二走の高橋も本塁を狙ったが、中堅手の好返球に阻まれた。

 ■三島北 継投で反撃阻止

【愛鷹球場第1試合】

静岡北

000012000―3

10130002X―7

三島北

 「北高同士」の対決は、12安打を放った三島北が静岡北の反撃を3点に抑え、7―3で勝った。

 三島北は一回裏に1点を先制、三回裏にも1点を追加して試合を優位に進めた。四回裏は二死三塁で9番山本の三塁線を抜く二塁打で1点。続く1番小松秀の右前打、2番神井の左中間二塁打でこの回3点を加え、5―0と突き放した。

 五、六回の静岡北の反撃を3点で食い止め、投手は永岡、井土の継投で逃げ切った。

 ■日大三島 接戦逃げ切る

 【愛鷹球場第3試合】

島 田

000200000―2

20100000X―3

日大三島

 序盤に3点を先制した日大三島が、接戦を制して逃げ切った。

 日大三島は初回1死から、2番篠原が中越えの三塁打を放ち、3番土屋も敵失で出塁。続く4番蒔田の右犠飛で、1点を先制した。さらに5番日高の右中間適時打でもう1点を加えた。三回には、1死二塁から5番日高の左翼線を破る適時二塁打で追加点を挙げた。

 四回に2点を返されなおも2死二、三塁と攻め込まれたが、主戦鈴木龍が踏ん張り後続を二ゴロに打ち取った。

 ■南伊豆 一時リードも涙

【富士球場第2試合】

南伊豆

001002000―3

10010300X―5

藤枝明誠

 南伊豆は惜敗したが攻守に粘りを見せ、一時はリードするなど互角の試合を展開した。

 1点差で迎えた三回表、内野安打で出塁した1番小沢正を3番斎藤源が右前打で返して同点。六回表は5番斎藤聖の中前打と6番松本の右越三塁打で2点を追加し勝ち越した。

 先発は追加登録の左腕野口で内角を攻め相手打線を翻弄(ほんろう)、八回まで140球を投げきった。斎藤源主将は「あと少しで勝てたかなと、悔しい思いが強い」と語った。

 ■伊豆中央 サヨナラ勝ち

【清水庵原球場第1試合】

清流館0010040000―5

伊豆中央0003000201x―6

 1点を先行された伊豆中央は四回、6番宮崎航の適時二塁打などで3点を返すと、一時逆転を許しながら八回に5−5の同点に追いついた。延長十回、先発登板した8番島田が外野越えの一打を放ち、サヨナラ勝ちした。

 宮崎礼生主将は「点差があっても絶対にひっくり返すと信じて勝ちきった。積み重ねが結果につながった」。影山英伸監督は「最後はみんなでつないでみんなで勝つ−を貫くことができた」と語った。

 ■三島南 七回コールド発進

【清水庵原球場第2試合】

三島南

3110020―7

0000000―0

菊川南陵

(七回コールド)

 初回に3点を先制し、二、三回にも1点ずつ追加した三島南は六回、岩井が死球で出塁すると続く石川らが犠打でつなぎ、6点目。続く植松に三塁打が飛び出し、7−0と突き放した。主戦の鈴木健が「しっかり走り込んだ」という安定感のある投球で相手打線を寄せ付けず、七回コールド勝ちした。

 鈴木亮祐主将は「リードを気にせず、攻めの姿勢を貫いた」、稲木恵介監督は「落ち着いて試合を運べた」と振り返った。

 【写説】清水東−伊東商 伊東商は五回裏、1番植松が二塁打を放つ=愛鷹球場

 【写説】沼津高専―熱海 熱海は二回、田中の中前打で二走の高橋が本塁を狙う=裾野球場

 【写説】島田―日大三島 日大三島は初回、蒔田の右犠飛で篠原が三塁から生還する=愛鷹球場

各地の最新の写真
伊東
消防分団長ら招き規律、放水 伊東・旭小で防災学習
下田
初日は208キロ水揚げ 伊勢エビ漁解禁−南伊豆石廊崎
中伊豆
天城北道路工事現場でお絵かき 園児31人、思い出作り―伊豆市
熱海
ごみ出しや服薬管理 熱海市介護事業者連絡協、他職種連携へ研修 

最新写真特集