夏食材で「わん盛り」 食の都授業・井戸さん指導―伊東・池小

伊東版 2018年07月10日

井戸さん(左)の説明を受け、すりこぎを体験する子どもたち=池小
井戸さん(左)の説明を受け、すりこぎを体験する子どもたち=池小

 伊東市立池小(浜村幸美校長)で9日、県主催の「食の都の授業」が開かれた。5、6年生17人は「ふじのくに食の都づくり仕事人」として活動する、八幡野の「坐漁荘」の総料理長井戸伸治さんから地元食材や仕事について学んだ。

 井戸さんに教わり、児童は池のニンジンなど夏の食材を使った「わん盛り」を作った。児童たちはすりこぎで魚のすり身を作り、伊豆産のとろキンメダイとともにラップに包んで10分蒸した。子どもたちはなめらかになったすり身を見て「生クリームみたい」と話し、笑顔で作業した。

 井戸さんは「和食はかつお節が命」と話し、利尻昆布に枯れ本節を加えてだしをとり、吸い汁を作った。越前塗りのおわんに入れてみんなで味わった。

 【写説】井戸さん(左)の説明を受け、すりこぎを体験する子どもたち=伊東市の池小

各地の最新の写真
伊東
伊豆は4カ所「漁協へGO」 スタンプラリー開始―県など
下田
堂ケ島で“火祭り” 24日、3000発の花火ー西伊豆
中伊豆
着衣泳 田方北消防署、水難事故対処法を指導―函南西小
熱海
啓発品配って事故防止訴える 三信、ピカッと作戦―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)