肥田理事長が自伝出版 伊東・はぁとふる内科・泌尿器科

伊東版 2018年07月09日

「ドクトル大二郎三浪記」を出版した肥田さん=伊東市のはぁとふる内科・泌尿科伊豆高原
「ドクトル大二郎三浪記」を出版した肥田さん=伊東市のはぁとふる内科・泌尿科伊豆高原

 ■医療系目指す若者にエール “3浪経験”赤裸々に

 伊東市川奈、八幡野の「はぁとふる内科・泌尿器科」を運営する弘潤会の肥田大二郎理事長(68)は、自伝書「ドクトル大二郎三浪記」(鳥影社)を出版した。3年間の浪人を中心とした経験を赤裸々に語り、若者たちにエールを送っている。肥田さんは「自分のように勉強ができなくても医療系は目指せる。資格を取って世界に羽ばたいてほしい」と語った。

 生まれや勉強の出来なさにコンプレックスを抱きながらも挑戦し続けた経験を時系列で描く。数学が一番苦手で「受からない」と言われながらも北海道大の医学部を目指して3浪。医学部以外に進学したり、旅に出たりしながらも、弘前大医学部に入学し、医師になるまでをつづった。

 肥田さんは「子どもたちには70~80歳まで働けて、自立できる仕事を選んでほしい」と呼び掛け、鳥影社編集部長の小野英一さんは「著書は『人間物語』。くじけない心や若者への熱いメッセージが感じ取れる」と評価する。

 発行部数は千部。市内各コミュニティセンター、学校に配布したという。1200円(税別)。サガミヤ、いわかみ書店、文教堂で取り扱っている。インターネットでも購入可。問い合わせは同医院の稲葉さん〈電0557(53)5000〉へ。

 【写説】「ドクトル大二郎三浪記」を出版した肥田さん=伊東市のはぁとふる内科・泌尿科伊豆高原

各地の最新の写真
伊東
地域医療支援病院 県、市民病院を承認―熱海伊東圏域で初
下田
南崎こども園園児17人 十五夜団子作りー南伊豆
中伊豆
大仁小生がアユ友釣り 狩野川漁協が教室、川に親しむ―伊豆の国
熱海
支援へ手作り品販売 めぐみ会ボランティア―熱海

最新写真特集