童心帰り、どんぶらこ 松川タライ乗り競走―伊東

伊東版 2018年07月02日

タライに乗ってかいでこいでゴールを目指す参加者=松川
タライに乗ってかいでこいでゴールを目指す参加者=松川

 ■市民、観光客ら200人

 伊東温泉に夏の訪れを告げるイベント「第63回松川タライ乗り競走」(伊東市、伊東観光協会主催)が1日、中心市街地を流れる伊東大川(松川)で開かれた。外国人を含む市民や観光客ら200人以上が参加し、不安定なタライに乗りしゃもじの形をしたかいでこいで、どんぶらこどんぶらことゴールを目指した。

 競走に使われたのは直径1メートル、深さ30センチの特製のタライ。松川のいでゆ橋下と松川藤の広場横の約400メートル間でタイムを競った。観光客は浴衣姿で参加した。アニメのキャラクターなどの趣向を凝らした衣装で登場する参加者も多かった。

 スタート地点で乗り込んだとたんに転覆する人やくるくる回りながら流される人もいて、観客を沸かせた。友人と参加した東京都武蔵村山市の会社員猟沢加奈子さん(30)は「子どもに帰ったみたいで楽しかった」と笑顔で話した。

 【写説】タライに乗ってかいでこいでゴールを目指す参加者=松川

各地の最新の写真
伊東
今季最高33.6度 暑さ続きの3連休―伊東の海水浴場にぎわう 
下田
雲見で「サザエ狩り」 3000個に1000人夢中―松崎
中伊豆
三島で女子サッカー U―12選抜、都県代表12チーム熱戦
熱海
操舵室でアナウンス 富士急マリン、海の日にイベント―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)