来年DCへ再訪アピール 踊り子号、クレイル見送り―JR伊東駅

伊東版 2018年07月01日

踊り子号の乗客を見送る関係者=JR伊東駅
踊り子号の乗客を見送る関係者=JR伊東駅

手旗振り垂れ幕掲げる

 「静岡プレ・デスティネーションキャンペーン(DC)」最終日を迎えた30日、観光関係者による来遊客の送迎企画が伊豆急下田駅、伊豆箱根鉄道修善寺駅など伊豆半島の鉄道5駅で行われた。横断幕を掲げ、伊豆の魅力を満載した観光ガイドブックや記念品を配布するなどして来年のDC本番の再訪をアピールした。

 JR伊東駅では、同駅、市、観光協会、伊豆急、東海自動車などの職員約15人が踊り子号や伊豆クレイルを見送った。乗客に笑顔で手旗を振り、垂れ幕を掲げ「またお越しください」と声を掛けた。

 DCは、JRグループと当地の自治体、観光事業者が共同実施する国内最大の観光キャンペーン。本県では2019年4~6月に19年ぶりに開催される。さらに本番をはさみ、プレDC、アフターDCとして3年間にわたり同時期に展開される。

 【写説】踊り子号の乗客を見送る関係者=JR伊東駅

各地の最新の写真
伊東
消防分団長ら招き規律、放水 伊東・旭小で防災学習
下田
初日は208キロ水揚げ 伊勢エビ漁解禁−南伊豆石廊崎
中伊豆
天城北道路工事現場でお絵かき 園児31人、思い出作り―伊豆市
熱海
ごみ出しや服薬管理 熱海市介護事業者連絡協、他職種連携へ研修 

最新写真特集