伊東競輪 15日からモーニング開催、南関東で初

伊東版 2018年06月12日

ちらしを手にモーニングレースとわくわくフェスタをPRする伊東温泉競輪場職員
ちらしを手にモーニングレースとわくわくフェスタをPRする伊東温泉競輪場職員

 ■3日間、フェスタも

 伊東市岡の伊東温泉競輪場で15~17日、初のモーニングレースが開催される。第1レースの発走時刻を通常の午前11時20分から午前9時に早める。南関東地区の7場でのモーニング開催は同競輪場が初めて。開催に合わせて同競輪場は、「わくわくフェスタ」と銘打って家族で楽しめるイベントを盛りだくさん用意する。

 市競輪事業課によると、モーニングレースは他場でレースが行われていない時間帯に開催されるため、電話やインターネットによる投票増が期待できる。先行実施している宇都宮、広島、高松、別府などの9競輪場では、通常開催に比べて売り上げが1割程度増えているという。

 同課は「本年度のモーニング開催は今回だけだが、結果が良ければ来年度以降の継続開催を検討したい。3日間通してG1の高松宮記念杯競輪の場外発売も行うので、来場者にはモーニングの最終レース終了後も楽しんでもらえるのではないか」と期待を込めて話した。

 同時開催のわくわくフェスタは、同競輪場が取り組む新規ファン開拓事業の一環。「ミカリンふわふわ」や「キッズボルダリング」設置(16、17日)、ヒーローショー「怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(17日)などを行う。

 【写説】ちらしを手にモーニングレースとわくわくフェスタをPRする伊東温泉競輪場職員

各地の最新の写真
伊東
メガソーラー建設予定地 杉本衆院議員が視察―伊東・八幡野地区
下田
花供え合掌 寺院に墓参者次々―下田
中伊豆
陸上100メートル障害、小早川さん(修善寺1年)全中へ―伊豆
熱海
先祖しのび手合わす 盆入り、霊園、寺院に墓参者―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)