急傾斜地の安全確認 34カ所で県市職員―伊東

伊東版 2018年06月07日

危険区域を目視で確認する参加者=新井
危険区域を目視で確認する参加者=新井

 県熱海土木事務所は6日、伊東市内の急傾斜地でパトロールを行った。県、市の職員ら約20人が参加し、地域住民の協力を得て危険箇所を目視や金づちでチェックした。

 参加者は3班に分かれ新井、竹の台、宇佐美など急傾斜地に指定されている34カ所を巡回し、標識の有無や崩壊防止施設の損傷などを確認した。

 同事務所・企画検査課の岩本仁志専門監は「梅雨どきは土砂災害が発生しやすい。住民に安全に過ごしてもらえるよう、点検している」と話した。

 同パトロールは県が指定した6月の「土砂災害防止月間」に合わせ、毎年実施している。

 【写説】危険区域を目視で確認する参加者=伊東市新井

各地の最新の写真
伊東
「若者と伊東、元気に」 18、25日にJCフェスタ
下田
サンマ漁船「豊幸丸」北へ 県内唯一 安全航海と大漁祈る―西伊豆・安良里
中伊豆
JA函南東部と日大国際 丹那牛乳の魅力発信
熱海
多賀中が東海優勝 水泳の400メートルフリーリレー―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)