ブリ類漁獲「今後も期待」 県定置協総会―伊東

伊東版 2018年05月26日

総会であいさつする日吉会長=市観光会館
総会であいさつする日吉会長=市観光会館

 ■主要魚種の動向聞く

 県内の定置網漁業者でつくる県定置漁業協会は25日、伊東市観光会館で本年度総会を開き、役員改選で日吉直人会長(いとう漁協富戸支所)を再選した。主要魚種の資源動向や太平洋クロマグロの管理体制などをテーマにした記念講演もあり、耳を傾けた。

 県水産技術研究所伊豆分場の鈴木勇己さんは、伊豆東海岸定置網の近年の漁獲動向を、ブリ類、サバ類、スルメイカを例に挙げて説明。ブリ類は漁獲量が高水準で推移し、今後もしばらく期待できるとしたが、漁獲量が減っているスルメイカは低水準期と同じ漁獲パターン、サバ類はゴマサバが減少しているものの、成魚主体のマサバが増加している、と分析した。

 2017年度の事業報告・収支決算、18年度の事業計画・予算案なども審議、承認した。事業計画では、雇用労働力の確保と後継者の育成に力を入れるほか、地産地消を進めて地魚の価値を高め、価格の向上を図る。

 【写説】総会であいさつする日吉会長=市観光会館

各地の最新の写真
伊東
浴衣で街歩き楽しんで 伊東市、東海館にレンタルスペース
下田
ボールプールに夢中、居場所づくり活動開始―下田・子育てネット
中伊豆
中伊豆小が東部優秀賞 大仁署長に報告―交通安全子供自転車大会
熱海
太宰しのび「桜桃忌」 起雲閣ボランティア会―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)