“アート巡礼”はいかが 伊東の舘野さん、小冊子「is」創刊

伊東版 2018年04月16日

伊豆のギャラリーカフェを紹介する「is」の創刊号を手にする舘野さん=八幡野
伊豆のギャラリーカフェを紹介する「is」の創刊号を手にする舘野さん=八幡野

 ■伊豆各地のGカフェなど紹介

 伊東市八幡野のブックカフェ「壺中天(こちゅうてん)の本と珈琲」を経営する舘野茂樹さんはこのほど、伊豆各地のギャラリーカフェなどを紹介する“アート巡礼小冊子”「is(イズ)」(A5判、フルカラー)を創刊した。伊豆半島全体に点在する魅力的な店をつなぎ、地域の芸術・文化を次世代に伝えようと編集したという。

 熱海、伊東、伊豆の国、伊豆の4市と、東伊豆、河津、南伊豆の3町にあるギャラリーカフェを中心に、博物館、工房といった23施設の記事、写真、地図を載せた。5月に各店で開催する展示会の内容も記した。発行部数は3千部で、各施設などで300円(税込み)で販売している。

 熱海は彫刻家三沢憲司さんの倉庫兼アトリエ「ギャラリーSOOKO」、伊東はコーヒーを飲みながら古書や若手作家の展示が楽しめる「壺中天の本と珈琲」、伊豆市は伊豆最古の画材・額縁の専門店「カフェルソー・森の美術室」、南伊豆町は喫茶店、ギャラリー、ブティックの各棟から成る「カフェ座禅石」などを掲載した。今後も紹介店を増やしながら、年に2回のペースで発行したい考え。

 舘野さんは「紹介しているのは、どれもオーナーたちの美意識が詰まった個性あふれる魅力的な店。この冊子が若い人に引き継がれて、伊豆の文化の次につながることを願っている」と期待を込めて話した。

 【写説】伊豆のギャラリーカフェを紹介する「is」の創刊号を手にする舘野さん=伊東市八幡野

各地の最新の写真
伊東
ブリ類漁獲「今後も期待」 県定置協総会―伊東
下田
“最後”の「どんつく祭」1日に縮小し来月3日開催―稲取観光協
中伊豆
「ギネス挑戦」PR みしまコロッケ最多ペア数記録―日大三島高
熱海
アジサイ主に70種800点 28日まで山野草市―熱海駅前

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)