ワオキツネザル赤ちゃん誕生 4頭、愛らしく―伊豆シャボテン

伊東版 2018年04月06日

お母さんにしがみつくワオキツネザルの赤ちゃん=伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園
お母さんにしがみつくワオキツネザルの赤ちゃん=伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園

 伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園でワオキツネザルの赤ちゃんが誕生した。3月上旬から4月上旬までに4頭が続々と生まれし、愛くるしい姿が来園者の目を楽しませている。

 4頭が仲間に加わり、同園で飼育するワオキツネザルは合計で20頭になる。赤ちゃんザルたちは母ザルにしがみついて生活しているため、性別はまだ分かっていない。生活するのは園内の池に浮かぶ「ワオキツネザル島」で、島の対岸から観察できるが、園内の池をボートで移動する「アニマルボートツアーズ」で島に上陸し、さらに間近で赤ちゃんたちを見ることができる。

 友人家族らと東京都から旅行で訪れた小学生は「思ったよりも実物は小さくて驚いた。お母さんにしがみつく姿がかわいい」と笑顔で話した。同園では先日、カピバラの赤ちゃんが2頭誕生しており、園内はベビーラッシュとなっている。

 【写説】お母さんにしがみつくワオキツネザルの赤ちゃん=伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園

各地の最新の写真
伊東
絶滅危惧種 クマガイソウ満開―伊東・里山のガーデンに250株
下田
川風受け、こいのぼり 松崎・八木山橋、住民寄贈の30匹
中伊豆
きょうから小品盆栽・山野草展 伊豆の国・山岸園
熱海
早咲きツツジ三分咲き 例年より2週間早く開花―熱海姫の沢公園

最新写真特集