「堂の穴」参拝、俳句吟じる 初午で「風」―伊東

伊東版 2018年02月08日

ノート片手に俳句を吟じる会員ら=八幡野の「堂の穴」
ノート片手に俳句を吟じる会員ら=八幡野の「堂の穴」

 伊東市の伊豆俳句学習会・風(菅沼堯男会長)は初午(はつうま)の7日、八幡野地区の稲荷を祭る、ほこら「堂の穴」を参拝した。会員6人が参加、城ケ崎海岸付近で和気あいあいと俳句を吟じた。

 八幡野港から出発し、ボケなど季節の花や、道ばたの道祖神といった俳句の題材を探しながら、散策した。ほこらでは奉納された幟や油揚げを題材に一句ひねる会員もいた。川奈の三橋大吉さんは「初午や洞に響きし波の音」と詠んだ。

 【写説】ノート片手に俳句を吟じる会員ら=伊東市八幡野の「堂の穴」

各地の最新の写真
伊東
伊東ジュニア陸上に伊豆賞 本社からブロンズ像
下田
夜の河津桜、楽しみ歩く 観光客や住民ら170人―まつり実行委
中伊豆
中高生4人に手話指導 五輪・パラに向け講座―伊豆
熱海
生ワカメ詰め放題盛況 2イベント同時開催―熱海・長浜海浜公園

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)