歴史的不漁続く 水揚げ14.8%減り3913トン―伊東魚市場

伊東版 2018年01月10日

2017年はサバをはじめ多くの魚種の水揚げが前年を下回った
2017年はサバをはじめ多くの魚種の水揚げが前年を下回った

 ■水温上昇、黒潮蛇行など要因複合

 いとう漁協は9日、伊東魚市場(伊東市新井)の2017年水揚げ高をまとめた。水揚げ量は約3913トン(前年比14・8%減)、水揚げ金額も約11億4400万円(6・7%減)にとどまり、ともに1966年から統計を取り始めて以来最低だった昨年をさらに下回った。同漁協は「2年続けての歴史的不漁」とし、海水温の上昇、黒潮の大蛇行、国内外を問わず大型船による効率的な漁法−などの要因が複合したためとみている。

 魚種別はイワシ類の1138トン(155トン減)、サバ類の1092トン(528トン減)、ブリ類の505トン(17トン減)、イカ類の62トン(42トン減)など、軒並み前年を下回る水揚げ量だった。前年を上回ったのは156トンのムロ類(90トン増)と113トンのアジ類(8トン増)、64トンの貝類(17トン増)だけだった。

 漁業種別の水揚げ量は、主力の大型定置が前年比253トン減の2003トンにとどまり、金額は850万円減少した。小型定置も前年より28トン水揚げを減らした。高田充朗組合長は「サバ、イカの不漁は伊豆半島の定置網にとって大打撃。この状況が続くと厳しい」と話した。

 【写説】2017年はサバをはじめ多くの魚種の水揚げが前年を下回った

各地の最新の写真
伊東
曽根さん(伊東)衣湯織が高評価 四つの公募展で入賞・入選
下田
ゴマフアザラシのアルト 4歳で“嫁入り”―下田海中水族館
中伊豆
土肥桜が見頃 濃いピンク一気に開花―伊豆・万福寺
熱海
雪残り市民の足に影響 県道熱海大仁線は規制続く

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)