「テングサクッキー」売り上げ 伊豆漁協稲取に寄付―伊東商高生

伊東版 2017年12月06日

稲取産テングサを使って開発した商品「天Key(テンキー)」と寄付金を伊豆漁協稲取支所に手渡す生徒=伊東商業高
稲取産テングサを使って開発した商品「天Key(テンキー)」と寄付金を伊豆漁協稲取支所に手渡す生徒=伊東商業高

 ■開発の4人 「漁再生に役立てて」

 県立伊東商業高3年生4人は4日、東伊豆町稲取の天草(テングサ)漁再生のため開発したクッキー「天Key(テンキー)」を販売し、売上金、募金の1万円とテンキー100枚を伊豆漁協稲取支所に寄付した。同支所総務課長の鈴木正史さん(66)と運営委員長の鈴木精さん(48)が同校を訪れ、寄付金とテンキーを受け取った。

 テンキーは大道未来耀君、北條留維君、小川大智君、増田勢波君が開発し、商品化した。寄付金はテンキーを販売した伊東市南町のケーキショップ・makoto(松本真店長)に設置した募金箱と稲取支所の朝市、小室山リフトまつりなどのイベントで募った。

 大道君は「寄付金は売り上げの一部。テングサ漁に役立ててほしい」と話した。鈴木課長は「稲取のテングサ漁に着目してもらって真剣に取り組んでもらい、うれしく思う。自分たちの励みになった」と話した。

 【写説】稲取産テングサを使って開発した商品「天Key(テンキー)」と寄付金を伊豆漁協稲取支所に手渡す生徒=伊東商業高

各地の最新の写真
伊東
山口君(伊東高1年)手帳甲子園に出場 「独自記号で生活管理」
下田
「力合わせ、町を元気に」 斎藤町長ら、退任あいさつ―松崎
中伊豆
函南駅に駐輪場新設 140台、防犯カメラも―県道拡幅対応
熱海
熱海の食の在り方考察 地域創生トレセンプロジェクト―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)