7日から開設記念「椿賞争奪戦」 伊東温泉競輪場

伊東版 2017年11月30日

初登場の「ミカリンふわふわ」などを掲載した市民向けPRちらしの見本刷り
初登場の「ミカリンふわふわ」などを掲載した市民向けPRちらしの見本刷り

 ■ファン以外も来場を 市、巨大遊具など多彩な催し

 伊東市岡の伊東温泉競輪場で12月7~10日、開設67周年記念「椿賞争奪戦」(G3)が開かれる。開催中、競輪場のマスコット「ミカリン」のふわふわ(エアートランポリン)が初登場するなど、場内でさまざまなイベントが行われる。市競輪事業課は「競輪ファン以外も楽しめる企画を盛りだくさん用意する。この機会に多くの人に足を運んでもらいたい」と来場を呼び掛けている。

 ミカリンふわふわは高さ7メートルの巨大な遊具で、場内「ミカリン広場」に設置される。今年が市制施行70周年に当たることから、節目の年の記念競輪に合わせて市が作った。小学生以下は無料で利用できる。

 このほか、軽自動車の当たるオープン懸賞、ペア宿泊券や液晶テレビが当たる「未確定車券ガラポン抽選会」、大道芸、バルーンショー、ミニコンサート、地元ガールズ競輪レーサー小川美咲選手のトークショー、地元アイドルユニット「KJスパッチャ伊東」のミニライブなどを予定している。市は市民向けのPRチラシを作り、初日に新聞折り込みで配布する。

 記念競輪には、新山響平選手(青森)、太田竜馬選手(徳島)、山岸佳太選手(茨城)、梁田一輝選手(静岡)ら若手有望株が勢ぞろいする。稲垣裕之選手(京都)や渡辺晴智選手(静岡)ら実力派レーサーも出場する。108人のトップレーサーが優勝をかけて4日間の熱戦を繰り広げる。

 市は今回、売り上げ目標を53億円に設定した。同課は「全国的に記念競輪の売り上げが低迷しており、本年度これまでの平均売り上げは52億6千万円となっている。何とか全国平均を上回ることができるよう、職員一丸となって準備を進めたい」と話した。

 【写説】初登場の「ミカリンふわふわ」などを掲載した市民向けPRちらしの見本刷り

各地の最新の写真
伊東
大規模災害時 宿泊施設情報など提供 伊東署が旅組と提携
下田
吉長さん(松崎高3年)の奉仕高評価 ボランティア賞 
中伊豆
伊豆縦貫道「天城越え」 早期事業化・整備を―建設促進同盟会
熱海
グランプリに佐藤さん インスタグラムフォトコン―熱海市

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)