世代、性別超え一丸 伊東市協会がチャレンジ杯バレー

伊東版 2017年11月29日

笑顔でプレーする選手たち=玖須美元和田の市民体育センター
笑顔でプレーする選手たち=玖須美元和田の市民体育センター

 ■初代王者にケントス1

 小学生から一般男女の混合チームによる9人制大会「第1回伊東チャレンジカップ・バレーボール大会」(伊東市バレーボール協会一般部主催、市川製茶など協賛)が26日、玖須美元和田の市民体育センターで開かれた。市内と長泉町から6チームが出場し、ケントス1(伊東市)が初代王座に輝いた。

 同大会は伊東市初となる、年齢や性別で分けないフリースタイルの9人制で競った。公平性を期すため、女性や小学生が前衛▽男性はジャンプしての攻撃禁止▽チームに必ず1人は男性を入れる―などの、ローカルルールを盛り込んだ。

 参加者は慣れないルールに苦戦しつつも、「ナイスサーブ」「もう一本」などと声を掛け合い、世代を超えて和気あいあいとバレーを楽しんだ。

 一般部の太田圭祐部長は「女性や子どもが主体となって行うバレー大会を開くことで、市内のバレー人口の裾野を広げていきたい」と今後に期待を込めた。

 優勝以外の上位結果は次の通り。

 (2)ケントス2(3)酣(たけなわ)会2

 【写説】笑顔でプレーする選手たち=伊東市玖須美元和田の市民体育センター

各地の最新の写真
伊東
27段400体、壮観 伊東市役所に雛人形飾り登場
下田
災害時の電気・通信確保 工事協組支部と防災協定―松崎町
中伊豆
読み聞かせや歌披露 保育園児と交流―伊豆の国・東部特支高等部
熱海
4月からの報酬改定など 稲葉さん招き研修―熱海市介護事業者連

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)