水彩画体験設置「秋の空描けた」 伊東・大室高原自治会が秋まつり

伊東版 2017年11月13日

来場者の人気を集める水彩画体験コーナー=大室高原自治会館
来場者の人気を集める水彩画体験コーナー=大室高原自治会館

 伊東市の大室高原自治会(宮嶋宏二会長)は11、12の両日、自治会館で「秋まつり」を開いている。住民の作品展示、サークルの活動発表、バンド演奏、飲食物の販売などが繰り広げられ、多くの人でにぎわっている。

 これまでの「文化祭」を発展させた催し。より多くの人に来場してもらおうと、体験コーナーを設けフリーマーケットを開くなど内容を充実させた。

 水彩画体験コーナーでは、「レモンクラブ」会員がぼかしの技法を使った空と雲の描き方を教えた。来場者は会員の丁寧な指導を受けながら、作品を仕上げた。

 体験者の一人は「初めてとは思えないぐらい、上手に秋の空が描くことができた」と喜んだ。

 12日の開催時間は午前10時~午後3時。問い合わせは同自治会〈電0557(51)5951〉へ。

 【写説】来場者の人気を集める水彩画体験コーナー=伊東市の大室高原自治会館

各地の最新の写真
伊東
高齢者交流拠点 湯川初の「居場所」開設―伊東市社協など
下田
潮かつお作り最盛期―西伊豆・田子
中伊豆
東海第一の庭園公開 紅葉、色づきは遅め―伊豆・修禅寺
熱海
初島の計画策定へ、委員7人委嘱 景観デザイン会議―熱海

最新写真特集