稲取が1学級40人減 公立高募集計画、伊豆総合工業科も

伊東版 2017年11月07日

 県教育委員会は6日、2018年度の公立高校の生徒募集計画を発表した。伊豆地区と伊豆周辺では伊豆総合の工業科、稲取が1学級40人ずつ減り、ともに2学級80人になった。

 県内の募集定員は分校を含む全日制が539学級(前年度比7学級減)、2万1535人(280人減)で定時制が34学級(増減なし)1360人(同)となった。本年度の県内中学校卒業予定者は3万4641人(471人減)という。

 願書受け付けは18年2月19~21日で、志願変更受け付けが27、28日。学力調査が3月6日、面接が7日に予定され、合格発表は15日正午以降となっている。

 再募集の願書受け付けは3月19、20日で試験が22日、合格発表が26日に行われる。

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)