25日、城ケ崎トレイルウオーク ジオガイドと3コース―伊東

伊東版 2017年11月04日

 伊東市を代表する景勝地、城ケ崎海岸のトレイル(遊歩道)をジオガイドの案内で巡る「城ケ崎の溶岩さんぽ」(県主催、伊豆半島ジオパーク推進協議会企画・運営)が25日、開かれる。県遊歩道利活用促進事業の一環で、三つのコースを用意し、大室山から流れ出した溶岩が作り上げた迫力ある海岸地形を楽しんでもらう。参加費は1人千円。

 オプショナルコース「溶岩の上で朝食を」は距離3・5キロ、定員10人。朝日が照らす溶岩を楽しみながら朝食を味わう。パンとコーヒー付き。時間は午前6時~7時45分。

 親子向けのAコース「家族で楽しむ火山実験と溶岩さんぽ」は距離2キロ、定員25人。かたくり粉を使って溶岩の冷え固まり方を再現する。時間は午前11時半~午後2時、伊豆高原駅で自由昼食。

 一般向けのBコース「断崖のイソギクと絶景つり橋」は距離3・5キロ、定員25人。見頃のイソギクと海岸植物の解説を聞き、絶景を見ながら昼食(持参)を楽しむ。午前11時半~午後2時。

 ホームページから申し込む。先着順。集合・解散は伊豆急伊豆高原駅改札前ホール、受け付けは各回30分前から。参加者全員にジオ菓子をプレゼントする。問い合わせは同協議会事務局〈電0558(72)0520〉へ。

各地の最新の写真
伊東
高齢者交流拠点 湯川初の「居場所」開設―伊東市社協など
下田
潮かつお作り最盛期―西伊豆・田子
中伊豆
東海第一の庭園公開 紅葉、色づきは遅め―伊豆・修禅寺
熱海
初島の計画策定へ、委員7人委嘱 景観デザイン会議―熱海

最新写真特集