伊東市芸術祭開幕 多彩に155点

伊東版 2017年10月07日

展示部門の作品を眺める来場者=音無町の生涯学習センター中央会館
展示部門の作品を眺める来場者=音無町の生涯学習センター中央会館

 ■絵画、フォトコン作品など展示

 「第56回伊東市芸術祭」(市教育委員会、市文化協会主催)が6日、スタートした。音無町の生涯学習センター中央会館では展示部門前半の絵画展、フォトコンテスト作品展、手工芸作品展が開かれ、155点が飾られた。7日からは華道、茶道展も開催される。

 いでゆ大学OB会は水彩画、バッグ、手編みの洋服などの手工芸作品26点を展示した。絵画展は椿絵画サークル、友墨会、個人作品がそれぞれ会場内を彩り、フォトコンテスト作品展が来場者を楽しませた。ほかにグループホーム・クラシオンやデイサービス・はばたきの作品も展示された。来場者は「手が込んでいてよくできている」「毎年いろいろな作品が見られて楽しい」と話し作品を眺めていた。

 13~15日の後半は市内サークルの書道、織物作品、工芸品などを見ることができる。フォトコンテストの入賞者は次の通り。

 ▽教育長賞 木戸七美▽佳作 安居院果織、景山寛、小出耕司、森昌英、若島滋

 【写説】展示部門の作品を眺める来場者=音無町の生涯学習センター中央会館

各地の最新の写真
伊東
最新機器を展示抽選会にぎわう きょうまで伊東ガス
下田
雨の中724人 起伏に富んだ3コースに挑戦―東伊豆クロカン
中伊豆
雨でも行列、にぎわう きょうまで三島みどりまつり
熱海
初島の投票率62・78% 繰り上げ、前回選下回る―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)