伊東市街地 あすから祭り一色

伊東版 2017年10月06日

砂浜のごみを拾い集める参加者=伊東オレンジビーチ
砂浜のごみを拾い集める参加者=伊東オレンジビーチ

 伊東市中心市街地の秋祭りが7、8の両日繰り広げられ、町は祭りムード一色となる。山車関係は岡が7日夜に市道桜木1号線で、湯川・松原が8日夜に駅前いちょう通りと猪戸通りの一部で、それぞれイベントを催し、多くの山車がにぎやかに繰り出す。

 ■岡と湯川・松原で「さんやれ」

 「岡さんやれ」は7日午後5~7時、市道桜木1号線の100円ショップ・レモン−武井たばこ店間を通行止めにして行う。10町内の山車が集まる。太鼓演奏や大抽選会が行われる。

 湯川・松原は祭りの名称を「伊東温泉さんやれ祭り」(旧湯川・松原さんやれ祭り)に改称。同実行委員会は8日午後6~8時半、JR伊東駅前−スクランブル交差点の駅前いちょう通りと猪戸通りの一部を通行止めにして実施する。松原16町内、湯川7町内をはじめとした山車や神輿(みこし)などが繰り出し、繁華街を盛り上げる。

 ■海上渡御も

 神輿の海上渡御で知られる伊東市の湯川・鹿島神社、松原・八幡神社の例大祭は今年、7、8の両日に行われる。

 鹿島神社は7日が夕祭(よみや)で、午後1時15分から神輿が「お下り」する。JR伊東駅前などを練り、御仮屋の湯川消防会館には4時ごろ到着する。本祭(ほんまつり)の8日は式典後に御仮屋を出発、湯川海岸での海上渡御は午前10時ごろから始まる。

 八幡神社も7日が夕祭。同日は、神輿は出ず、神事のみ行われる。本祭の8日は午前9時に神輿が神社を出発、午後0時10分ごろから松原海岸で海上渡御を行う。

 ■19団体200人砂浜のごみ一掃 海岸を守る会

 伊東市の湯川、松原地区の秋祭り(7、8日)を前に、伊東の海岸を守る会(会長=稲葉良司・伊東観光協会長、加盟44団体)は5日、湯川・鹿島神社と松原・八幡神社の神輿(みこし)が海上渡御を行う伊東オレンジビーチで海岸清掃を繰り広げた。19団体から約200人が参加して、砂浜のごみを拾い集めた。

 熊手などを手にした参加者は流木、竹、ペットボトル、プラスチック容器といったごみを協力し集めた。高波が続いたため、打ち上げられた流木や竹が多く、約1時間の作業で回収したごみは約5トンとなった。

 同会は観光や建設、奉仕団体などで組織し、1987年に発足。以来年2回、海岸清掃を実施している。稲葉会長は「秋祭りにもきれいな海岸で、お客さんを気持ち良く迎えたい」と協力を求めた。

 【写説】砂浜のごみを拾い集める参加者=伊東オレンジビーチ

各地の最新の写真
伊東
伊東高探究部 市制70周年新聞を製作、3月完成へ市長ら取材
下田
下田LCのプログラムで来日 豪の学生マクナブさん市長訪問
中伊豆
江間イチゴ狩り50周年 園児ら一足早く堪能―伊豆の国
熱海
信子さま「趣味で健康長寿に」 起雲閣で特別講演会―熱海

最新写真特集