大室高原、花いっぱいに 県道沿いキバナコスモス咲き誇る―伊東

伊東版 2017年10月06日

咲き誇るキバナコスモスを前に語る古谷さん=県道沿いの大室高原9丁目バス停付近
咲き誇るキバナコスモスを前に語る古谷さん=県道沿いの大室高原9丁目バス停付近

 ■2年前福岡県から転居、古谷茂貴さん花壇整備

 伊東市大室高原の県道遠笠山富戸線沿いで、キバナコスモスが見頃を迎えた。遠笠山方面行きの「大室高原9丁目バス停」のある広場でも、約40平方メートルの花壇に鮮やかな黄色い花が咲き誇っている。花壇を整備したのは近くに住む古谷茂貴さん(62)。秋風に揺れる花を見ながら古谷さんは「大室高原が花でいっぱいになれば、訪れる人も喜んでくれるのではないか」と笑顔で話した。

 古谷さんは2年ほど前、定年退職を機に福岡県久留米市から大室高原に転居した。もともと園芸好きで、自宅の庭でもたくさんの花を育てている。

 昨年春ごろ、バス停広場の背後地が雑木や雑草に覆われているのに気付いた。「幹線道路沿いなのにもったいない」と、雑木・雑草を根っこごと抜いて整地し、庭で増やしたキバナコスモスの苗を植えた。

 「向かいの富戸方面行きバス停の周りにも、やはり近くの人がキバナコスモスを植えてあった。すごくきれいだったので、こちら側も同じようになればいいと考えた」。昨年咲いた花から種がこぼれて自然に株が増えた。遅咲き種なので、今月いっぱいは楽しめるという。

 バス停近くの大室高原自治会事務所周辺にも、古谷さんが植えたキバナコスモスが咲いている。

 【写説】咲き誇るキバナコスモスを前に語る古谷さん=県道沿いの大室高原9丁目バス停付近

各地の最新の写真
伊東
全国小学生一輪車大会 稲葉ペア(伊東南)5位入賞
下田
保育の人材不足改善へ 県と賀茂6市町―チャレンジ事業に6人
中伊豆
若者戻ってくる場所に 各界17人が意見交換―伊豆半島地域会議
熱海
住警器取り付け促す 熱海市消防本部が網代の高齢者宅40軒訪問

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)