「モンゴル、愉快な人多い」 伊東高2年・鈴木君―県派遣事業

伊東版 2017年09月09日

 ■現地生徒と交流

 県立伊東高(成田優校長)2年の鈴木灯智(とうち)君はこのほど、県の高校生相互交流事業に参加してモンゴルのドルノゴビ県を訪れ、現地高校生との交流、モンゴルの自然や文化を楽しんだ。

 鈴木君は一度家族でモンゴルを訪れたことがあり、また行ってみたいという思いから同事業に応募した。応募96人の中から、25人に選ばれ、8月8~12日の間をモンゴルで過ごした。

 若者の間で流行しているという体操を共に行ったり、ラクダに乗ったり、モンゴルの弓の使い方を学んだりした。県はモンゴルの生徒へ本や記念品を贈呈した。

 鈴木君は「改めてモンゴル人は愉快な人が多いと感じた。家族と行った時は草原、今回は学校や資料館などの施設に行くことが多かった。次は違うところに行ってみたい」と話した。

 同事業の高校生派遣は今年で4回目。10月にはモンゴルの高校生が来日し、県内の高校で交流を行う。

各地の最新の写真
伊東
山頂から富士山望む 伊東・大室山、青空広がる
下田
敵将の帽子奪い合う 中学で運動会スタート―賀茂地区
中伊豆
台風一過で伊豆地区気温上昇 だるま山から富士山撮影
熱海
多様な模擬店人気 錦町町内会、会場変更し夕べ―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)