250万円詐欺被害防ぐ、伊東駅前郵便局員に感謝状―伊東署

伊東版 2017年09月09日

鈴木署長(手前左)から感謝状を受け取る八木さん(中央)と釼持さん=伊東署
鈴木署長(手前左)から感謝状を受け取る八木さん(中央)と釼持さん=伊東署

 伊東署は8日、250万円の詐欺被害を防いだとして、伊東市湯川の伊東駅前郵便局の八木晶子課長代理と釼持深雪主任に署長感謝状を贈呈した。

 同署によると、8月31日の午後2時15分ごろ、同郵便局に70代の男性が「病気にかかったので現金250万円を下ろしたい」と依頼したという。八木さんと釼持さんが小切手の利用を勧め、引き出し理由を再度確認したところ、先日、息子を名乗る男性から電話があったと判明し、その場で男性が息子に電話して詐欺だとわかった。

 鈴木剛署長は「機転を利かせた対応で高齢者の財産を守ってもらった。金融機関が最後のとりでなのでこれからも徹底してほしい」と話した。八木さんは「小切手の利用を勧め、被害を防げて良かった」、釼持さんは「普段から対応の練習をしていた成果だと思う」と振り返った。

 同署は今年管内で起きた2件の特殊詐欺事件以降、金融機関に出向き、未然防止対策を指導している。息子を名乗る電話や借金の保証人といった内容の電話に注意するよう市民に呼び掛けている。

 【写説】鈴木署長(手前左)から感謝状を受け取る八木さん(中央)と釼持さん=伊東署

各地の最新の写真
伊東
山頂から富士山望む 伊東・大室山、青空広がる
下田
敵将の帽子奪い合う 中学で運動会スタート―賀茂地区
中伊豆
台風一過で伊豆地区気温上昇 だるま山から富士山撮影
熱海
多様な模擬店人気 錦町町内会、会場変更し夕べ―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)