たいまつ 舞、照らす 大室山山頂で大田楽公演―伊東

伊東版 2017年09月05日

幻想的なたいまつの明かりで躍動的な踊りを披露する伊東わざおぎメンバーら=大室山山頂の噴火口跡
幻想的なたいまつの明かりで躍動的な踊りを披露する伊東わざおぎメンバーら=大室山山頂の噴火口跡

 ■わざおぎ、市民躍動

 伊東市の大室山山頂噴火口跡で3日夜、「伊東大田楽特別公演−大室山に住む不老長生の神・磐長姫(いわながひめ)に会うために」(伊東大田楽を応援する会主催)が開かれた。幻想的なたいまつの明かりが躍動的な舞踊を照らし、集まった約100人の観衆を魅了した。

 大室山の祭神・磐長姫に関する神話「大室山浅間神社伝説」や、魅力的で個性あふれる伊東大田楽を広くPRし、観光振興を図ろうと初めて企画した。住民らの健康づくりを支援する「からだ会議イン伊東」(同実行委員会主催)の一環。

 大田楽のセミプロ集団・伊東わざおぎと、市民演者の約40人が出演した。赤や黄など五色の華やかな衣装を身に着け、笛や太鼓の演奏に合わせて番楽や兎(う)楽、獅子舞、総田楽などを披露した。

 横浜市から子ども2人と来た主婦寺田千里さん(41)は「虫の声など自然の音と良くマッチして素晴らしかった。来て良かった」と喜んでいた。

 同会は今後も大室山での公演を継続していきたい考え。

 【写説】幻想的なたいまつの明かりで躍動的な踊りを披露する伊東わざおぎメンバーら=大室山山頂の噴火口跡

各地の最新の写真
伊東
風力発電機作りに挑戦 ペットボトルで親子30人―伊東でNPO
下田
沢路秀和さん(下田) 東海5位―モデルジャパン
中伊豆
児童、トップ選手ら熱戦 三島でレスリング女子オープン
熱海
飲酒運転根絶を 熱海署広報

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)