生死や生き物から着想 伊東の梅原さん、沼津でボードアート展

伊東版 2017年09月03日

個展に出展する作品を前に語る梅原さん=伊東市鎌田のアトリエ
個展に出展する作品を前に語る梅原さん=伊東市鎌田のアトリエ

 伊東市鎌田の美術家梅原美喜子さんが9日から10月1日まで、沼津市本字下のモンミュゼ沼津(沼津市庄司美術館)で個展を開く。30年近く取り組んできた「ボードアート」の作品約25点を出展する。

 厚さ5・5ミリのベニヤ板を切ったり彫ったり色を付けたりして作品に仕上げた。散歩の途中で見つけた大木の樹皮から着想を得たという。「層になった樹皮の形のおもしろさに心引かれた。表皮をはがす行為は、人の内面に迫ることにつながるようにも思えた」と振り返る。

 作品の多くは高さ1・8メートル。中には高さ3・6メートルの大作もある。制作を始めたころの人の内面や生と死を表現した作品から、身の回りの生き物から着想を得た最近の作品まで、幅広いテーマの作品がそろう。

 梅原さんは「見た人に自由に感じ取ってもらいたいので、タイトルは付けないつもり。カタツムリやオタマジャクシ、観葉植物などを自分なりに表現した作品は、子どもたちも喜んでくれるのではないか」と話した。

 モンミュゼ沼津の開館時間は午前10時~午後5時(会期中の9月11、19、25日は休館)。問い合わせは同美術館〈電055(952)8711〉へ。

 【写説】個展に出展する作品を前に語る梅原さん=伊東市鎌田のアトリエ

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)