メガソーラー「白紙撤回は困難」 計画業者回答―伊東

伊東版 2017年07月22日

「白紙撤回は困難」と小野市長に回答する朴代表(右端)=市役所
「白紙撤回は困難」と小野市長に回答する朴代表(右端)=市役所

 ■市長「市主導で市民と協議の場」

 伊東市八幡野の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画で、事業者の伊豆メガソーラーパーク合同会社の朴聖龍(パク・ソンヨン)代表らが21日、市役所を訪れ、計画の白紙撤回を求める小野達也市長に「白紙撤回は困難」と回答し、事業を推進する考えを示した。小野市長は「遺憾であり、残念。住民が懸念する10項目の回答も具体的とは言えず、懸念、不安を払しょくできない」とし、「市の主導で市民と事業者が協議する場を設け、市も参加して議論を進めていきたい」と話した。

 朴代表は3年の期間を要し、多額の費用を投じていることに加え、住民が懸念する10項目も「プロジェクトチームを立ち上げ、中間報告として回答した。十分な対策を約束し、懸念を払しょくできる」と主張し、事業を行う姿勢を崩さなかった。一方、小野市長は事業を「地域に愛されるものでなければいけないのが前提」とし、10項目の回答についても「細かい数値やスケジュールなど具体性に欠ける。まだまだ協議が必要」と述べた。

 同建設計画を巡っては、小野市長が6月28日に計画の白紙撤回を求めるとともに、住民らが懸念する土砂崩壊・流出による河川や海への影響などの10項目を朴代表に手渡した。朴代表は今月12日に10項目への対応をまとめた回答書を小野市長に手渡したが、白紙撤回要求についての回答はしていなかった。

 計画に対し、住民ら延べ2万5千人以上が反対の署名を行い、市議会も反対の決議をしている。

 【写説】「白紙撤回は困難」と小野市長に回答する朴代表(右端)=市役所

各地の最新の写真
伊東
「マンタの壁画、再整備を」 原画描いた内田さん、伊東市へ要望
下田
9、10日に松崎海岸でSUP交流大会 海上散歩、BBQも
中伊豆
迫力の70メートルナイアガラ 弘法大師奉納花火―修善寺
熱海
サザエつぼ焼きに舌鼓 伊豆山温泉で祭り―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)