高校野球静岡大会 伊豆5校、2回戦進出

伊東版 2017年07月16日

遠江総合―伊東 三回裏、大量得点の契機となった左越え適時二塁打を放つ5番土屋=清水庵原球場
遠江総合―伊東 三回裏、大量得点の契機となった左越え適時二塁打を放つ5番土屋=清水庵原球場
南伊豆−静岡大成 一回表、南伊豆は6番鈴木友が左中間に適時打を放ち2点目を挙げる=愛鷹球場
南伊豆−静岡大成 一回表、南伊豆は6番鈴木友が左中間に適時打を放ち2点目を挙げる=愛鷹球場
三島南―袋井 昨年準優勝の袋井に勝利し歓喜に沸く三島南ナイン=島田球場
三島南―袋井 昨年準優勝の袋井に勝利し歓喜に沸く三島南ナイン=島田球場
浜松市立―伊豆総合 初回に先制のホームを踏む伊豆総合・本間=草薙球場
浜松市立―伊豆総合 初回に先制のホームを踏む伊豆総合・本間=草薙球場

 第99回全国高校野球選手権静岡大会は15日、1回戦が行われ、伊豆地区は8校が出場した。三島北、日大三島、三島南、伊東、知徳の5校が2回戦進出を果たした。熱海、南伊豆、伊豆総合は敗退し涙をのんだ。

 ■伊東 五回コールド発進

【清水庵原球場第3試合】

遠江総合

00000―0

0280×―10

伊 東

(五回コールド)

 伊東は機動力を生かした攻撃で三回に大量得点を挙げ、五回コールド勝ちした。

 2点をリードして迎えた三回裏、伊東は1死から3番小松の左前二塁打、4番金坂の中前適時打で1点を加えると、5番土屋の左越え適時二塁打で追加点。この回8点を挙げ、追いつく隙を与えず勝負を決めた。

 中野智之監督は「三回で相手の失策と安打が重なり得点につながった」と話した。

 ■南伊豆 大敗も執念見せる

【愛鷹球場第3試合】

南伊豆分校

30000―3

61011X―18

静岡大成

(五回コールド)

 南伊豆は大敗したが初回、3安打で先制し2012年以来の3点を奪う健闘を見せた。

 一回表は1番渡辺が左前安打で出塁し3、4番が連続四球で1死満塁。送球が本塁後方へそれた隙を突き渡辺が生還。6番鈴木友と7番松本が連打を放ちともに走者を帰した。

 四回裏は1年生左腕野中が登板し、失点したものの三振を奪った。五回表最終打者の2番斎藤聖は一塁へヘッドスライディングし執念を見せた。

 ■三島北 五回コールド勝ち

【愛鷹球場第1試合】

熱 海

00000―0

11078×―26

三島北

 (五回コールド)

 三島北は初回から大量得点を挙げて、試合の流れをつかみ、四回までに本塁打と三塁打3本、二塁打1本の猛攻を浴びせ大勝した。

 初回に打者一巡の猛攻で11点を奪うと、三回にも四球や敵失で訪れた好機をものにし、7点を追加。四回は一死満塁の場面で1番上村の本塁打を放ち、走者を一掃するなど、この回8点を挙げ、駄目押しした。

 守備では山縣、望月が好投し、熱海は1安打のみだった。

 ■三島南 接戦で強豪破る

【島田球場第2試合】

袋 井

000000003―3

00100102X―4

三島南

 三島南が昨年準優勝の強豪袋井に4―3で歓喜の白星を上げた。

 三島南は三回裏、2死三塁から1番小田が左中間を破る適時二塁打を放ち先制。4番大庭が六回と八回に外野へ適時打を放ったほか、八回に2番芦川の左への適時二塁打により計4点を奪った。

 守備は主戦鈴木穂が無失点に抑えるも、熱中症で右足ふくらはぎがつり八回途中で降板。袋井は九回に代打、代走を次々送る総力戦を仕掛けたが、2番手大庭が踏ん張った。

 ■日大三島 苦戦も逆転勝ち

【愛鷹球場第2試合】

清水東

101200000―4

00200120X―5

日大三島

 日大三島は五回まで安打が出ず相手投手に苦しみながら、要所で得点し逆転勝ちした。

 日大は試合を通じ4本しか安打が出なかったが、1点差で迎えた七回裏、四球や安打で無死満塁の好機をつくった。3番長尾が右前2点適時打を放ち、これが決勝打となった。

 守備では五回から登板した土屋が三塁を踏ませない好投。ほか、三回裏には無安打で2得点、9番新井が四球と敵失のみで全打席出塁するなど相手の隙を突くプレーを見せた。

 ■知徳 優位に運び勝利

【裾野球場第2試合】

富士市立

000000000―0

00013000X―4

知 徳

 初回から優位に試合を進めた知徳が、そつのない試合運びで富士市立を下した。

 知徳は四回、1死一、三塁の好機に7番八石がスクイズを決めて先制した。五回にも1死一、三塁から3番中野のスクイズで1点を追加。さらに2死一、三塁で5番渡辺が左翼線を破る二塁打を放ち、2点を加えた。

 先発の森伊は伸びのある直球とキレのいい変化球をテンポよく投げ込み、富士市立打線を完封した。バックも好守でもり立てた。

 ■伊豆総合 延長戦力尽きる

【草薙球場第3試合】

浜松市立000101300003−8

伊豆総合102200000000−5

(延長十二回)

 伊豆総合は序盤から試合を優位に進めたが、終盤に追いつかれ、延長戦の末に悔しい逆転負けを喫した。

 伊豆総合は初回、二死から本間の安打と相手失策で好機をつくり、5番田村の安打で1点を先制した。三回も本間、田村の安打などで二死二、三塁とし、宮沢の安打で2点を追加。四回も2点を加えてリードを広げた。

 先発山本は、五回まで本塁打の1点に抑えたが七回に追いつかれ、延長戦で力尽きた。

 【写説】遠江総合―伊東 三回裏、大量得点の契機となった左越え適時二塁打を放つ5番土屋=清水庵原球場

 【写説】南伊豆−静岡大成 一回表、南伊豆は6番鈴木友が左中間に適時打を放ち2点目を挙げる=愛鷹球場

 【写説】三島南―袋井 昨年準優勝の袋井に勝利し歓喜に沸く三島南ナイン=島田球場

 【写説】浜松市立―伊豆総合 初回に先制のホームを踏む伊豆総合・本間=草薙球場

各地の最新の写真
伊東
東海、梅雨明け 昨年より9日早く―伊東オレンジビーチに歓声
下田
東海梅雨明け 弓ケ浜海水浴場、水掛け合う―南伊豆
中伊豆
園宮さん(韮山3年)2種目出場 インハイ陸上
熱海
倉庫壁面に海の生物、花 地元出身女性2人が制作―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)