「20回の節目楽しく」 出演者に稽古日程など説明、伊東大田楽

伊東版 2017年07月11日

資料を見ながら市職員の説明を聞く出席者=市役所
資料を見ながら市職員の説明を聞く出席者=市役所

 伊東市で9月に開かれる「伊東大田楽」に向け、伊東大田楽実行委員会はこのほど、市役所で出演者説明会を開いた。70人が出席し、担当者から催しの概要や稽古の日程などについて説明を受けた。

 伊東大田楽は、中世に流行した芸能「田楽」を基に創作された野外劇。今年は9月30日に松川藤の広場で開催される。今回、1998年の初開催から20回の節目を迎える。

 説明会で実行委の槙田充男委員長は「20年間、緊張感を持って演じてきたと思う。今年も盛大に楽しく演じてほしい。これからずっと、変わり続けながら、50年、100年と続けていけることを願っている」とあいさつした。

 参加者は本番に向けて15日から、計11回の練習、プレビュー公演に取り組む。

 【写説】資料を見ながら市職員の説明を聞く出席者=市役所

各地の最新の写真
伊東
「看多機、在宅医療支援に不可欠」 伊東市介護専門員協が研修会
下田
森林計画研究発表 いしい林業、樹芸研が全国へ―南伊豆
中伊豆
彼岸の入り 各地で墓参り―三島・田方
熱海
墓地掃除、故人しのぶ 秋の彼岸入り―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)