トイレ、障害者用マーク明示を 大室山山頂バリアフリー化を確認

伊東版 2017年05月20日

バリアフリー化したトイレ出入り口のスロープを確認する長谷川さん夫妻ら=大室山山頂
バリアフリー化したトイレ出入り口のスロープを確認する長谷川さん夫妻ら=大室山山頂

 伊東市の大室山山頂でこのほど、トイレのバリアフリー化改修工事が完了し18日、福祉の専門家らが使い勝手など確かめながら、改善点をアドバイスした。テラスの全面改修工事も間もなく終了し、26日に落成式典が開かれる。

 工事は、大室山登山リフトを運営する池観光開発が行っている。トイレは約1メートルかさ上げし、売店前通路から緩やかなスロープでつないでバリアフリー化した。女性トイレ内には、キッズトイレとベビーシート、パウダースペースを設けた。オストメイト(人工肛門、人工ぼうこう造設者)対応設備付きの多機能トイレも備えた。

 バリアフリー旅行会社「青いかば旅行社」を営む長谷川浩平さん、優子さん夫妻が点検に協力。機能などを確かめた後「これまで(障害者)対応トイレがなかったため、大室山頂の滞在時間が限られていたが、これからは気にせず長い時間過ごせる。ありがたい」と感謝した。その上で「健常者だけでなく、障害者用トイレやオストメイトのマークを明示した方がより使いやすくなる」などとアドバイスした。

 【写説】バリアフリー化したトイレ出入り口のスロープを確認する長谷川さん夫妻ら=大室山山頂

各地の最新の写真
伊東
川勝知事、中田県議に当選証書 「責任の重さ実感」―県選管
下田
西伊豆消防署、津波浸水域外に開署 下田地区組合
中伊豆
道路整備、取り締まり強化 三島署が事故対策会議―ドリフト暴走
熱海
MOA岡田茂吉賞、大賞に漆芸の林さん 美術館で発表―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)